製作

ペンシルスタンド

ヌメの床革で作りました。全体に使用感がありますが、丈夫でしっかり立っています。
(もちろん新品です)

床革とはヌメ革の表皮を削った革です。

削った表面はこんなに粗いです。

血筋や傷跡等が目立ちますがこれがまた味があってハード好きには人気があります。
これをトコ磨き剤で磨きます。


磨くとこうなります。

光沢も出て表面が少しツルっとしてきます。それでもザラ感なんです。
出来上がった後にはもう一度磨いてオイルも塗ります。
ただ使用していくと表面が少しザラザラとしてきます。
その時は布帛などで磨いてください。少しは毛羽立ちがおさまります。
製作していくなかで硬い革を使用しているので形を整えるの難しいです。
下の画像のようになっています。
 
左画像は特に水に濡らして革を伸ばしながら形を作っていきます。
どうしても左右のへこみ具合の違いが出てくるようです。
これも味があっていいのではと思っています。
今回ペンシルスタンド1号となります。
販売しますので楽しみに?お待ちください。

ヌメ革詳しくは➡『調べてみよう!みんなの皮革用語辞典』ぬめ革(、滑革)
床革詳しくは➡『調べてみよう!みんなの皮革用語辞典』床皮、床革

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP