あなたにとって大切なものを。

LANDMARK

スポーツ 自己啓発教材

ソフトボール守備の極意

投稿日:

ソフトボール守備の極意【北京オリンピック金メダリスト、東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄 監修】

・エラーの数が多くてどうしたらいいか分からない
・正面のゴロ、ツーバウンドする打球の処理が苦手
・状況に応じた動きができない
・スローイングが上手くいかない
・大事な場面でなんでもないゴロを弾いたり、トンネルしたりしてしまう
・ノックの打球はとれても試合になるとダメになってしまう
・逆シングルだと全くといっていいほど捕球できない
・瞬発力がなくて打球への反応が鈍くうまく捕球できない
・大きな外野フライが苦手でボールを落としてしまう
・どうやって守備の指導をしたらいいか分からない
・子供に守備を上達してもらいたいけど、どうしたらいいか分からない

……などなど。いろいろと守備の悩みはつきないかもしれません。いくらバッティングが優秀でも、守りがおろそかでは試合で勝つことは難しいですよね。

でも、イレギュラーな打球に翻弄されてエラーをしたり、練習なら簡単にとれる打球なのに試合になるとミスをしてしまったりと悩む選手は多いものです。

お子さんがソフトボールをやっていて子供のためになんとかしたいと思う人も多いでしょう。
また、指導者としても、そもそも守備が分かっていなかったり、選手の個性に合わせてどう指導したらいいのか分からず悩む人は多いようです。

守備さえしっかりしていれば、流れが変わらなかったのに……
守備さえしっかりしていれば、余計な点を取られずにすんだのに……
守備さえしっかりしていれば、子供がレギュラーになれるのに……

でも、どうしたらいいか分からない……という人は本当に多いもの。

ですが、ソフトボールに関するそうした守備の問題はこのページでお伝えしている三科監督と城戸コーチによる正しいやり方さえ分かれば、才能や経験などによらず解消することができるでしょう。

右も左も分からない素人集団といってもいいほどのチームだったのが、三科監督の指導によってたった5年で全国大会で優勝できるまでに成長できているわけですから。

なお、勘違いしている人が中にはいるかもしれませんのでお伝えしておきますと、三科監督はもともと強かったチームに監督として招かれたわけではありません。

三科監督が東京国際大学ソフトボール部の監督として就任したとき、最初にやったのが部員集めでした。創部とともに監督就任しましたから最初は部員0人だったんですね。本当にゼロからのスタートでした。しかも、グラウンドの完成は2年後という状況。

なんとかギリギリの9人を集めてスタートしましたが、選手は初心者ばかりで右も左も分からないような状態だったといいます。が、そうした選手たちも三科監督の適切な指導によってみるみる成長していったわけです。

ここでお伝えしたいのは、あなたやあなたのお子さん、指導している選手の守備がなかなか上達しないのは単に正しいやり方を知らないだけなんだということです。それさえ分かれば守備はどんどん上達していきます。

ソフトボール守備の極意【北京オリンピック金メダリスト、東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄 監修】

-スポーツ, 自己啓発教材
-,

Copyright© LANDMARK , 2017 All Rights Reserved.