知ってはいけない教材

LANDMARK

入試勉強 自己啓発教材

夏休み中に一日1時間最長でも30日以内くり返し読むだけで、センター英語長文問題をはじめ大学入試の主流である「マーク式英語長文問題」をスラスラ正解が目指せる!【唐澤サミット式】大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論

投稿日:

夏は入試の天王山という言葉に表されているように、「夏休み」を成功裏に過ごすかどうかは、来年の受験の成否を決めます。

ところで、近年、東大・早稲田大学に行ける高校生でさえ、地方国立大学から、地元の地方自治体に行くことがトレンドになっています。

地方から、東京に下宿してまで有名大学に通うことは、親に負担をかけることになりますし、自分としても、「奨学金」で縛られたくはないからだと思います。

しかも、地元の国立大学である程度の成績をとって、「県庁」にいくことは、「安定志向」の地方優秀高校生にとっては「鉄板」なのでしょう。

くり返しますが、そこで大事になるのは、センター試験の総合点で高得点をとること。

センター試験の総合点で高得点をとれば、地方国立大学の合格はほぼ決まります。

しかし、それを阻んでいるのは、「安定的な高得点」が難しいセンター試験英語。

この科目を効率的に高得点を取りたいと願うのは、自然の流れでしょう。

しかも、センター試験では、総合点が勝負なので、英語の高得点を狙いながら、他の科目の高得点を維持するためには、英語を如何に少ない時間で高得点を取れるかが非常に重要なのです。

センター試験で総合高得点を取れれば、志望の国立大学への進学はほぼきまったようなものです。

しかし、センター試験英語を今までの「都市伝説」的な勉強法で取るには、時間がかかりすぎるし、「安定的な高得点」は難しいわけです。

通常の高校生は、英語でものすごく時間を取られた割には、200点満点中120~130点と平凡な得点でお話ありがちなのが、センター英語。そのセンター英語の得点を一番落としているのは、センター英語長文問題なのです。

このマニュアルは、それを解消します。

それを各種、国際的な語学試験でトップクラスをとった唐澤先生が、センター英語長文問題を始めとして、現在の大学入試の英語長文問題で主流になったマーク式英語長文問題を系統的に正解できるシステムを開発しました。

そのシステムをマスターすると、センター試験で、最も足を引っ張る、センター英語長文問題を「安定的に高得点」を取れるようになるでしょう。

「正解システムなので誰でもマスターできます。一日1時間、最大でも30日間、このマニュアルを繰り返し読むだけです。

夏休み中に一日1時間最長でも30日以内くり返し読むだけで、センター英語長文問題をはじめ大学入試の主流である「マーク式英語長文問題」をスラスラ正解が目指せる!【唐澤サミット式】大学受験マーク式英語長文問題驚速正解システム構造原論

-入試勉強, 自己啓発教材
-,

Copyright© LANDMARK , 2017 All Rights Reserved.